N-VAN(エヌバン) 車中泊

車中泊仕様の軽バン・N-VAN(エヌバン)の良い所と悪い所は?便利グッズも紹介【ユーザー評価】

更新日:

月一で日本の島旅に出ているよんぱす。

車中泊やキャンプを視野に入れたマイカーとしてHONDAのN-VAN(エヌバン)が気になっている人は多いのではないでしょうか。

 

ユーザー目線のリアルな長所と短所を知りたい!

 

そんな要望に対し、実際にN-VAN(エヌバン)を購入して半年ほど車中泊に行っている私が忖度なしでレビューします。

 

私の乗車モデルはN-VAN+STYLE FUN・ターボHonda SENSINGです

 

車中泊車としてのN-VAN(エヌバン)の良い点・メリット

【長所1】片側フルフラットの広さはメチャ快適!

N-VAN(エヌバン)最大の魅力は助手席側がフルフラットになること。これは本当に便利。写真時の助手席側のフラット長(平らな面の縦幅)は240センチにもなります。運転席後部のフラット長は150センチ。運転席を目一杯前へ出せば160センチまで伸びます(運転席側はフルフラットにはならない)。横幅の長さは中間あたりが120センチ、後方は100センチです。この広さならカップルや夫婦での車中泊も快適に楽しめます

 

軽キャンパー(軽バン)選びは「広さ最優先」で間違いなし!

 

もちろん床はかたいので寝袋のじか敷きで寝ると翌朝の腰と背中が大変なことになります。このような肉厚マットの上に寝袋を敷くと快適ですよ。GROOVYのインフレータブルマットはサイズ感がベストマッチ。反発力も高めで腰痛持ちの私は毎回の車中泊にもう手離せません(笑)。黒いバルブを軽くひねれば自動でふくらみます。最大までふくらんだらバルブを閉めれば完成。収納時はバルブを開けた状態で、足などを使ってマットを圧迫しながら丸めて空気を出し、最後にバルブを閉めます。

 

マットや寝袋は一度購入してしまえばキャンプのテント内などでも使い回せて良いですね

 

【N-VAN(エヌバン)車中泊におすすめのマットと寝袋】

 

【長所2】とにかく天井が高い!

フラット面から天井までの高さは約140センチもありドアを締め切っていても開放感があります。身長170センチの私が立つとこんな感じ。縦に長いぶん上の空間に収納スペースを作りやすいのもメリットですね。

運転席の上部にある収納ボックスはHONDA純正のルーフコンソール(追加オプション品)。こんなふうにティッシュボックスを入れることもできます。前方には収納スペースが少ないのでこのアクセサリーはぜひ購入をおすすめします。購入はアマゾンでもできますが自分での設置はできないので販売店やディーラーなどに問い合わせましょう。

 

自作がよほど好きな人以外は、純正アクセサリーを上手に取り入れた方が時間の節約にもなります。ヘタに手を出して壊しても本末転倒だし・・

 

【長所3】後部エリアのカスタマイズ自由度が高い!

後部壁面のM6ユーティリティーナット(6ミリ径のネジ穴)の使い勝手の良さが気に入ってます。希望の位置にアルミフックをつけたり、自作ラック(自作棚)や自作テーブルなどを取り付ける高さを自由に決められます。広い鉄面部分にマグネットタイプのランタンなどをつけられるのも良いですね。

 

初心者でも簡単な自作ラックの作り方を別記事で詳しく紹介しています!

N-VAN(エヌバン)の後ろに自作の棚を安く作る方法【軽バン収納】

N-VAN(エヌバン)ユーザーの悩みの一つが後方の収納スペースでしょう。   HONDA純正のラックを頼めば早いんだけど、値段が高すぎる!   純正のルーフインナーラックって工賃込 ...

続きを見る

 

【長所4】運転席周りのUSB電源とコンビニフックが便利!

助手席前には2つのUSB充電ポート(USBケーブルの差込口)が付いています。これのおかげでスマホのバッテリーを気にせずにグーグルマップをカーナビがわりに使えます。もう一方のポートでは同乗者のスマホを充電したり車載用の空気清浄機をセットしています。

 

実用性高めで魅力的なN-VANですが、その反動が以下のデメリットに出ている面も・・

 

車中泊車としてのN-VAN(エヌバン)の悪い点・デメリット

【短所1】強風時&100キロ超え時の高速走行がたまに怖い・・

メリットである天井の高さ(高い車高)は強風時には弱みにもなります。たとえば湾岸沿いの高速道路で風が強い時にややスピードを出すと車体が頻繁にあおられます。ググッとハンドルを一瞬取られかけて思わず冷や汗が出たこともたびたび・・

また、さほど風がない日の高速走行時でも100キロ以上を出すと車体バランスが不安定になり始めて怖いと感じることも。いずれにしてもスピードの出しすぎには注意して安全運転を心がけましょう。

【短所2】ハンドルとシフトノブの質感が軽くて安っぽい

乗車して最初に感じたのが「ハンドルとシフトノブが何だかちゃっちいなぁ・・」ということでした。また、後部の床下に組み込まれている発砲スチロール群もなんとなく貧相。

とはいえこれは室内空間の広さを重視してコスト削減を追求した結果なのかもしれません。そもそも質感を重視する人はこんな車を選ぶべきではありませんし私はもう気にしてません(笑)。どうしても気になるという方はハンドルカバーシフトノブカバーでのカスタムをおすすめします。

 

【短所3】標準の収納スペースがやたらと少ない

これも空間広大化のためでしょうが助手席のグローブボックスがありません。車検証を入れる場所すらないのはショックでした。また、良いサイズ感の小物置き場もないため乗り始めの頃はちょくちょくイラッとしてました(笑)。灰皿もありません。

とはいえ、前方収納の悩みはこれ⇧(純正のルーフコンソール)と滑り止めゴムマット(写真左下)をセットすることでおおむね解決。ルーフコンソールの容量はかなり大きく、車検証や説明書のほか簡易工具箱や小物などががっつり入ります(右上の写真で収納量の半分弱)。ティッシュの置き場に困らないのも良いですね。

滑り止めゴムマットはサングラスや財布といった小物を置くのに最適。N-VAN(エヌバン)のダッシュボードは広いので同じゴムマットをもう1つ追加する予定です。

また、グーグルマップをナビがわりに使うならN-VAN専用設計のスマホホルダーは必ず購入しておきたいですね。

【N-VAN(エヌバン)前方収納におすすめのアクセサリー】

 

【短所4】助手席と後部座席シートの座り心地はぶっちゃけ悪い

後部座席は「座るためのシート」ではないと考えた方がいいでしょう。そもそも背もたれがいっさい後ろへ倒れない時点でシートとしての役目をほとんど果たしていません。乗るならあくまでも短距離移動用としてですね。「N-VAN(エヌバン)は二人乗り。後部はあくまでも荷室or寝室」ととらえた方がガッカリせずにすみます。

助手席については運転席と比べて座面シートが硬く座り心地も良いとはいえません。が、後部座席よりは100倍マシ(笑)。ちゃんとリクライニングしますし、グローブボックスがないぶん足元は広々としています。座面に腰痛防止クッションや好みの座布団を置くなどすれば長時間ドライブも快適でしょう。また、N-VAN(エヌバン)専用の各種シートカバーも多数販売されています。シートの質感やマテリアルの向上、撥水効果などに期待してこちらを検討するのもいいと思います。

 

【まとめ】N-VAN(エヌバン)は1〜2人での車中泊&キャンプに最高の車!

後部座席の実用性がほぼゼロに近いと考えるとN-VAN(エヌバン)はファミリーカーには不向きです。とはいえ、ソロキャンパー、カップルや夫婦など1〜2人での旅をメインにする方は買って後悔しない車といえるでしょう。ユーザーの私が自信を持っておすすめします。

N-VANでの車中泊を快適にするコツは上部の空間を生かした収納の工夫。これにより多くの荷物を積みながらも二人でのびのびと過ごせます。

記事で紹介したアクセサリー類も上手に使って車内環境を高めて下さい!

 

今後も実体験を踏まえた軽バンの車中泊情報をいろいろ発信していきますね!

-N-VAN(エヌバン), 車中泊

Copyright© 暮らしと旅のメモ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.